よくあるご質問

在宅訪問マッサージQ&A

どのような方が利用されていますか?
脳出血により片麻痺になり退院後に引き続き自宅でのリハビリをご希望される方や、足腰が悪く自宅より外出が困難な方や、寝たきりの方、自力歩行に自信のない方(足腰の筋肉が落ちてしまい歩行が不安定である)などがご利用になれます。
どのような症状が訪問マッサージの対象になるのでしょうか?
病名を問わず筋麻痺や関節拘縮などの症状で不自由をされている方です。具体的には「筋肉が衰えて歩きづらい」「筋肉が自分の思ったように動かせなくなってきた」「関節の動きが悪くなり固くなって動かしにくい」などの症状です。
どのような治療をするのですか?
マッサージと変形徒手矯正術です。変形徒手矯正術とは簡単に申しますと、関節を正しく動かすことで本来の正常な関節機能を取り戻すリハビリのことです。マッサージは筋肉の機能を回復し、血液の循環を良くします。また気持ちが良く、体が軽くなり、ストレス解消にもなります。変形徒手矯正術では、例えば、手足が上手に動かせない方でも、この治療で症状が楽になり「以前より細かい動作ができるようになった」「治療を始めてから症状悪化が止まった」などの意見が聞かれます。
治療費はおいくらなのでしょうか?また訪問マッサージは週に何回利用できますか?
健康保険が使えますので一割負担の場合は、一回当たり300円~500円程度でご利用いただけます。利用頻度は、週に2~3回ご利用になる方が多いのですが、しっかりリハビリを受けたい方ですとほぼ毎日でも往診可能です。特に片麻痺になって間もない方は頻繁に利用されることをお勧めします。
どのようなマッサージなのか、試しに受けてみたいのですが・・・
当院では健康保険の対象になる可能性がある患者様であれば、お試しのマッサージをさせていただきます(もちろん無料です)。訪問マッサージで、患者様が満足されるマッサージを受けていただきたく初回のみ無料でマッサージを提供致しております。
訪問エリアはどのあたりまででしょうか?
現在、基本的には当院より車で約20分以内を訪問範囲とさせていただきます。
はり灸治療は必ず受ける必要があるのでしょうか?
全くありません。患者様がご希望された時に限り治療致しますのでご安心ください。
はり灸治療は、どのような症状が治療対象なのでしょうか?
神経痛、リウマチ、頸肩腕症候群、五十肩、腰痛症、頸椎捻挫後遺症などです。こちらも医師の同意があれば健康保険を使っての治療ができます。
訪問マッサージとはり灸の併用治療は可能でしょうか?
可能です。手足はマッサージとリハビリを行い、腰には、はり灸を行うといった同時に治療することも可能です。

共和堂水戸接骨院・整骨院

  • お気軽にお電話・お問い合わせください。TEL029-300-7556
  • 診療案内を見る
  • 交通アクセスを見る
交通事故治療
  • 採用情報
  • 接骨院コラム